対談 有識者×SPJOB

特別対談「お仕事の選択と実現」 映画SP 野望篇・革命篇 監督 波多野貴文 × 木本亮 プロローグ 

波多野監督に聞く「選択と実現」、プロローグ篇。 セキュリティー業界に良い人材を集めたい!という想いを、波多野監督は
「集まると良いですね!」
と応援してくれる。 〈取材・文 木本亮 、 写真 キタガワミチヒロ〉

・波多野監督でなければならないワケとは

皆様の中にはご記憶の方もいるかもしれない。岡田准一さん主演映画「SP THE MOTION PICTURE 野望篇・革命篇」 セキュリティー業界には、特に熱烈なファンが多い。 警護するとはどういうことか、そんなテーマをこの作品から感じるからだ。官・民において志願者が増え、現職のSPや警護員は励まされた。世間の認知も広がった。 波多野監督の功績だ。私たちセキュリティー業界の人間は、その恩恵に預かったといえる。 そもそも私は、初めてお目にかかってからこれまでずっと、気さくなお人柄に感銘を受けていた。 「なぜ映画監督を目指し、実現してきたのか。私たちは、そこから多くのことを学べるはずだ。」 取材したいという思いは、やがて脳裏から離れなくなる。しかし、安易に講演や取材を受けるような人ではない。 「仕事の選択と実現。そういうテーマでお話を伺ってみたい。これから就職・転職しようとする人たちにヒントと勇気を与えたい。是非ともお引き受け頂けませんでしょうか。」と想いをぶつけてみるしか無いと思った。

・昭和48年生まれの同級生として。出会い。

昭和48年の9月、オイルショック後の九州地方。波多野監督は熊本県山鹿市で、そして私は大分市で生を受けた。初対面となるのは、お互いが34歳である2007年、ドラマ制作会議の場だった。 prologue

・ドラマ『SP 警視庁警備部警護課第4係』が紡いだご縁

直木賞作家の金城一紀さんが脚本・原案を手がけた土曜ドラマ『SP 警視庁警備部警護課第4係』 主演は岡田准一さん。共演は堤真一さん、真木よう子さん。総監督は「踊る大捜査線」シリーズの本広克行さん。波多野監督はこの当時、本広さんの弟子のような存在で、多くのシーンを「演出」として取り仕切っていた。 私木本は監修者として携わっていた。 初回視聴率・平均視聴率は深夜帯ドラマとしては歴代1位、最終回の18.9%は最高で歴代2位。深夜帯ドラマ史上初の平均視聴率15%越えを記録した。

・初監督作品が大ヒット

そしてこのドラマが映画化され、波多野監督がメガホンを握ることとなった。 木本「この映画はヒットするぞ、みたいな確信はありましたか?」
『撮影中から既に、かなりの手応えを感じていました。脚本が素晴らしいから。スタッフにも恵まれていました。』
しかし。映画公開から大ヒットにいたるまでの道のりで、絶対に忘れられない事がある。

・あまりにも大きな試練

「革命編」の公開前日に発生した、未曾有の地震、津波。 待ち望んでくれていた、特に東北地方のファンの方々は、映画鑑賞どころではなくなった。全国4割の劇場が休館、もしくは上映時間の縮小。 震災発生から数年を経たあと私は、当時被災したファンの方から言われたことがある。 「あの映画に勇気をもらいました。公開当時は映画館で見ることができなかったので、あとからDVDで観て。」 返答に詰まった。ありがとうございます、と私が申し上げるのは、おこがましく感じた。製作陣の顔が浮かんだ。

・映画は究極の学習映像

興行収入としては、野望篇と革命篇の合計で約70億。多くのファンに支えられた偉大な業績だ。収益の一部は復興支援のため被災地へ寄付された。 映画はエンターテイメントを装ってはいるが、人生の「救い」や「道標」になりうる。私は映画を「究極の学習映像」だと思っている。

・波多野監督から「セキュリティー業界へのエール」

波多野監督は「目指す方がいらっしゃれば良いのですが。」とセキュリティー業界の発展を願いながら、自らの経験談を語ってくれる。 “ STAR WARS フォースの覚醒 ”の公開日である12月18日。映画館に足を運ばずに18時から始めた取材は、終了予定の21時を遥かに過ぎ、深夜まで盛り上がった。 波多野監督にとっての「選択と実現」。これから数篇にわけて皆様にお届けしたい。きっと勇気が湧いてくる。

・スペシャルインタビュー公開の前に

プロローグとして最後に、ラルフ・ウォルド・エマーソンの格言を捧げたい。 “すべての革命は、一人の人間の心に思いつかれた、ひとつの思想に他ならない。”  

エスピー・ジョブ 木本亮

投稿者の記事一覧

警護学校「SAFE HOUSE」総長
https://safehouse.toyko

□監修□
フジテレビドラマ「SP 警視庁警備部警護課第四係」('07)
映画「SP THE MOTION PICTURE 野望篇・革命篇」('10,'11)

□身辺警護考証□
NHKドラマ「4号警備」('17)

関連記事

  1. 第5回「守れない日本、戦えない日本!」
  2. 第4回「英国戦争学の厚みと歴史」
  3. 第6回(最終)「金、暴力、セックスが共通言語の世界!」
  4. 第3回「ようこそ、戦争学マスターの道へ!」
  5. 銃撃犯の息子に生まれて--偏見と闘い警備業を選んだ僕の軌跡
  6. 告知!! 元海上自衛官 護衛艦さざなみ通信士 戦争学修士(ロンド…
  7. 第1回「国を背負って最前線に行く責任と緊張感。心臓発作で倒れる!…
  8. 特別対談 「お仕事の選択と実現」 第1回“九州篇” 映画SP野望…
PAGE TOP