銃撃犯の息子に生まれて--偏見と闘い警備業を選んだ僕の軌跡

取材・文 木本亮藤木将太氏、京都市生まれ35歳、警備会社勤務。建設中の東京オリンピック関連施設において安心安全を提供する日々。しかし彼の半生には安心感とは程遠い苦悩があった。少年時代に父親が起こした銃撃事件、その後の校内いじめ、社会…

警護学校「SAFE HOUSE」

第6回(最終)「金、暴力、セックスが共通言語の世界!」

第5回「守れない日本、戦えない日本!」

第4回「英国戦争学の厚みと歴史」

PAGE TOP