コラム

コラム「要人警護」 警護にマジックを!(後半) 

コラム要人警護 エスピージョブ6-2

秘密にすべき?隠すべき?

いいえ。大々的に行うべきです。

前半に引き続き、企図者をあきらめさせるマジックという話です。

 

「無理かもしれない」「見抜かれるにちがいない」と確信させるための演出。

悪だくみをする人物に“成功の見込みは薄い”と思わせたいのです。

 

例えばサミット、オリンピックなど国際行事の直前になると「万全の警備体制」が声高にPRされます。

ニュースなどメディアで大々的に。

 

見せても良いのだろうか?

教えると企図者に裏をかかれるのではないだろうか?

と心配に思う方もいるかもしれません。しかし、警備とは・・・

『見せてみせて見せまくるもの』

です。警備業界では「見せる警備」が今は常識。

 

つまり警備側はメディアを通じてこう言いたいのです。

「こんなに万全な体制ですから、テロリストの皆様はあきらめた方がいいですよ」と。

 

 

ご参考までにマニアックなことを申しますと、以前は少し事情が違ったようです。

ある時期まで日本では、要人警護は隠密に行うべきと考えられていました。日本の文化特有の考え方でしょう。

しかしその常識が変わる出来事がありました。

 

三木首相殴打事件です。

(昭和50年6月に日本武道館で行われた佐藤栄作元首相の葬儀において三木首相が暴漢に顔を殴られた)

 

私の警護の師匠で、佐藤栄作氏が総理時代にその警護官を勤めていた方がいらっしゃいます。昭和の警備史の生き字引であるこの方が、この事件をキッカケに変化した警護のあり方について、当時を振り返って話してくれたことがありました。

「警護のスタイルはこの事件を境目にして、それまでの“忍者型”から“ゴリラ型”になった」

 

もはや隠密な体制では守れない。そう考えざるを得ない出来事だったようです。警備においても日本は欧米化せざるを得ないと。

かくして現在は、あらゆる警備活動は「あからさまに見せる」ものとなりました。

くどいようですが、最大の理由の一つは企図者の出鼻をくじくこと、企みをあきらめさせるためです。

 

悪事を企む人に魔法をかけましょう!「あなたの計画はきっとバレる。失敗する。」と。

 

後半、おわり。

エスピー・ジョブ 木本亮

投稿者の記事一覧

警護学校「SAFE HOUSE」総長
http://safehouse.toyko/

□監修□
フジテレビドラマ「SP 警視庁警備部警護課第四係」('07)
映画「SP THE MOTION PICTURE 野望篇・革命篇」('10,'11)

□身辺警護考証□
NHKドラマ「4号警備」('17)

関連記事

  1. コラム要人警護10 コラム「要人警護」 法の死角 ストーカー規制
  2. コラム要人警護6 エスピージョブ コラム「要人警護」 マルタイの秘密は守られるのか?!(後半)
  3. コラム要人警護弾丸を受け止める契約7-1 コラム「要人警護」 弾丸を受け止める契約(前半)
  4. コラム要人警護 大統領の目の前に手榴弾 コラム「要人警護」 ブッシュ大統領の目前に、手榴弾!
  5. コラム要人警護19 コラム「要人警護」 リンカーン大統領
  6. コラム要人警護11 コラム「要人警護」 テロリストが警備会社に紛れ込む可能性
  7. jisseki エスピー・ジョブのメディア掲載
  8. コラム要人警護6-1 コラム「要人警護」 警護にマジックを!(前半)

人気記事

  1. 佐々木副社長アイキャッチL
  2. haradal エスピー・ジョブ原田社長プリンシプル
  3. 佐々木社長 アイキャッチL

スペシャルピックアップ

  1. 波多野監督 大学篇アイキャッチ
  2. 波多野監督アイキャッチプロローグ
  3. 波多野監督 九州篇 アイキャッチ
PAGE TOP