コラム

コラム「要人警護」 米テック業界CEOの警備費

コラム要人警護15

最高はジェフ・ベゾス氏の160万ドル。

 

”アメリカテクノロジー業界の大手企業は、CEOの安全対策にどれほどの費用をかけているのか”

ビジネスインサイダーというニュース専門のWEBメディアが、アメリカ証券取引委員会に提出された申告書類(2014年もしくは2015年のもの)をもとに調査し結果を発表しました。

 

ヤフーのアリッサ・メイヤーCEO 2万6891ドル

 

インテルのブライアン・クルザニッチCEO 3万9600ドル

 

ツイッターのジャック・ドーシーCEO 6万8506ドル

 

アップルのティム・クックCEO 20万9151ドル

 

グーグルのエリック・シュミット会長 30万3142ドル

 

フェイスブックのマール・ザッカーバーグCEO 61万454ドル

 

IBMのジニー・ロメッティCEO 61万7794ドル

 

セールスフォースのマーク・ベニオフCEO 144万9882ドル

 

オラクルのラリー・エリソン創業者 153万601ドル

 

アマゾンのジェフ・ベゾスCEO 160万ドル

 

 

私はこの調査結果を知って「あくまで一部にすぎない」と思いました。ビジネスインサイダーの調査では把握できない範疇の警備費用があるはずです。

例えばCEOが自分のポケットマネーで警備措置を講じた場合、もしくは、CEOを招待したホスト側が費用を負担した場合などは、この結果には含まれていないようです。

 

警備費用として主要なものは「邸宅のセキュリティーシステム」と「身辺警備」です。

 

監視カメラ、赤外線センサー、録画装置、認証システム、維持管理など、邸宅セキュリティーに要する費用は、多くても20万ドルを越えることはないはずです。

 

身辺警備に要する費用は更に高額となり、例えば常時2名の警護員を雇った場合は安くても30万〜50万ドルと思われます。

 

ちなみに、アメリカで警備に多くの費用を要するのは著名なアーティストです。その最大の理由はパパラッチ対策。この辺りの事情が、日本とアメリカでは全く異なります。おそらくCEOの方々とは数倍違うと思います。

 

今回は、ちょっとした小ネタのご紹介でした。

 

おわり。

 

エスピー・ジョブ 木本亮

投稿者の記事一覧

警護学校「SAFE HOUSE」総長
http://safehouse.toyko/

□監修□
フジテレビドラマ「SP 警視庁警備部警護課第四係」('07)
映画「SP THE MOTION PICTURE 野望篇・革命篇」('10,'11)

□身辺警護考証□
NHKドラマ「4号警備」('17)

関連記事

  1. コラム要人警護18 コラム「要人警護」 銃の取扱い訓練 in ロンドン(後半)
  2. コラム要人警護弾丸を受け止める契約7-1 コラム「要人警護」 弾丸を受け止める契約(前半)
  3. コラム要人警護 グリーン車の珍客 コラム「要人警護」 グリーン車の珍客
  4. コラム要人警護10 コラム「要人警護」 法の死角 ストーカー規制
  5. コラム要人警護6 エスピージョブ コラム「要人警護」 マルタイの秘密は守られるのか?!(後半)
  6. コラム要人警護 大統領の目の前に手榴弾 コラム「要人警護」 ブッシュ大統領の目前に、手榴弾!
  7. コラム要人警護6-1 コラム「要人警護」 警護にマジックを!(前半)
  8. コラム要人警護12 コラム「要人警護」 警護とは”祈り”である

人気記事

  1. 身辺警護SP学院 伊藤隆太
  2. haradal エスピー・ジョブ原田社長プリンシプル
  3. 佐々木副社長アイキャッチL

スペシャルピックアップ

  1. 佐々木社長 アイキャッチL
  2. haradal エスピー・ジョブ原田社長プリンシプル
  3. 波多野監督 九州篇 アイキャッチ
PAGE TOP